沢尻エリカ逮捕で大河ドラマ「麒麟がくる」降板か!代役は?

「麒麟がくる」で織田信長に見せ場はある?

2020年に放送されるNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。

主人公は明智光秀ですが、主君である織田信長もかなりのメインの役なのです。

ということで、今回は「麒麟がくる」での織田信長と明智光秀の繋がりを相関図を交えてネタバレ

スポンサーリンク

「麒麟がくる」での織田信長は?

来年2020年からNHKで放送される大河ドラマの「麒麟がくる」に織田信長はどれくらい出番があるのでしょうか?

結論からいうとかなりのメインの登場人物なのです!

「麒麟がくる」のロケ地については「麒麟がくる」で福知山が熱い!大河ドラマ2020のロケ地はどこ?でネタバレなしで書いていますのて是非ご覧ください!

なぜなら、「麒麟がくる」は明智光秀の物語で織田信長は明智光秀の主君だからで、しかも、明智光秀が斎藤道三に仕えていた時から織田信長とは関わりがありました。

なので、「麒麟がくる」は織田信長なくしては物語が成り立たないであろう!

と言われるくらい重要な登場人物だということです。

明智光秀についてとキャストについては「麒麟がくる」に原作はある?2020年大河ドラマのあらすじやキャストをご紹介!の記事にて詳しく書いていますので良かったら読んでみてください!

スポンサーリンク

「麒麟がくる」でも登場!織田信長とは?

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でもかなり重要な登場人物である織田信長について話していきます。

大河ドラマのネタバレは基本的にないですが歴史上の織田信長について起こった出来事は話していきます。

まず、最初にあなたは織田信長というとどんなことや人を思い浮かべますか?

鉄砲を実戦で使った人?

魔王と呼ばれるほど怖かった人?

キリスト教の宣教師を受け入れた人?

などさまざまなことをイメージするかと思います。

織田信長は歴史上の人物の中でもかなり合理的な考えの持ち主なんです!

特に有名なのは、織田信長が開いた「楽市楽座」ですよね。

楽市楽座を簡単に言うと、誰でも自由に商売ができますよー!

といった政策です。

今まで商売を仕切っていた人たちから権利を奪い、誰でも平等に商売させることで領土の活性化を狙ったものです。

つまり、織田信長とは常に先を見据えて偏見を持たず新しいものを受け入れることの出来る人間なんです。

そして、「麒麟がくる」で織田信長を演じているキャストが染谷将太です。

染谷将太といえば、話題にもなった映画「寄生獣」では主人公の「泉新一」を演じていましたよね!

一般的に織田信長といえば、髭が少し生えてて少し年のいった容姿をイメージしますよね。

つまり、おじさんなイメージの織田信長をまだ若い染谷将太が演じるなんて驚きですよね。

では、なぜそんな織田信長のキャストを染谷将太が演じるのでしょうか。

それは、「麒麟がくる」の物語のスタートが明智光秀の若い頃からです!

もちろん織田信長も若いですよね。

そう考えると織田信長のキャストが染谷将太というのも納得出来ます!

ただ、本能寺の変など織田信長が年をとった後も染谷将太が演じるのかは気になるところですよね!

染谷将太が魔王と呼ばれる織田信長をどう演じるのか楽しみです。

スポンサーリンク

「麒麟がくる」での相関図は?

「麒麟がくる」が話題になってるし見たいんだけど歴史とか詳しくないし分からない!って方の為に、相関図を交えて織田信長や明智光秀のことをご紹介します。

織田信長や明智光秀と関わりの深い人といえば、

織田信長と明智光秀に関わりのある人物
  • 斎藤道三(本木雅弘)
  • 帰蝶/濃姫(沢尻エリカ→川口春奈)
  • 羽柴秀吉/豊臣秀吉(佐々木蔵之介)

この三人ではないでしょうか。

今回は織田信長と明智光秀に関わりのある人物を三人紹介していきます。

「麒麟がくる」相関図【斎藤道三】とは?

では、「麒麟がくる」にも登場する織田信長と明智光秀の関わりのある人物を相関図でネタバレ!

まず最初は、「斎藤道三」です。

斎藤道三とは、戦国時代に美濃(現在の岐阜県)を納めていた人物で「美濃のマムシ」と呼ばれていました。

織田信長に娘の「帰蝶/濃姫」を嫁がせ、織田信長の実力、将来性を見込み美濃を譲るとまで言っていたのです。

自分の娘婿にここまで言えるなんて凄いですよね!

そして、実はこの斎藤道三に仕えていたのが「麒麟がくる」の主人公である明智光秀なのです!

「麒麟がくる」相関図【帰蝶/濃姫】とは?

「麒麟がくる」でのヒロインでもある「帰蝶/濃姫」についてお話します。

「帰蝶/濃姫」は斎藤道三の娘であり、織田信長の妻(正室)でもあります。

ちなみに、濃姫役だった沢尻エリカについては沢尻エリカ大河ドラマの代役は誰?逮捕で「麒麟がくる」濃姫(帰蝶)降板か!を是非ご覧になってください!

織田信長とは政略結婚で子供はいなかったとされています。

しかも、「帰蝶/濃姫」は織田信長と本能寺の変で亡くなった説や実は織田信長没後も生きながらえていたなど謎が多く残っていてあまり語られることはありません。

しかし、驚くべきことに「麒麟がくる」の主人公の明智光秀とはいとこ同士なのです!

織田信長と明智光秀が繋がりましたよね。

これが最終的に本能寺の変で明智光秀が織田信長を倒すことに繋がる伏線なのかもしれませんね。

正直、日本史好きからしたらこの巡り合わせはとても面白いです!

「麒麟がくる」相関図【羽柴秀吉/豊臣秀吉】とは?

では、最後にご紹介するのは羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)です。

豊臣秀吉といえば、織田信長・徳川家康と並んで歴史に詳しくなくても知っている方も多いのではないでしょうか。

豊臣秀吉はなんと農民の生まれなのです。

その秀吉が尾張の武将の織田信長に仕え、最終的には天下統一を成し遂げる人物です。

織田信長との有名なエピソードとして、織田信長の草履を懐にいれて暖めていたという話がありますよね!

実は、豊臣秀吉も織田信長と明智光秀の二人との歴史的繋がりがあったのです。

豊臣秀吉と明智光秀は二人とも織田信長の家臣です。

明智光秀が織田信長に謀反をした歴史的大事件の「本能寺の変」を起こし、豊臣秀吉はその謀反の首謀者である明智光秀を「山崎の戦い」で打ち負かしました。

ここでも豊臣秀吉を軸に織田信長と明智光秀が繋がりましたよね!

確実にこの辺りの出来事は「麒麟がくる」の物語でも描かれるので楽しみですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「麒麟がくる」での織田信長と明智光秀についてを相関図を交えてネタバレ!

特に織田信長と明智光秀に関わりのある人物を三人ご紹介しました。

三人とも織田信長と明智光秀を結ぶ役割がある人物で全てが「本能寺の変」に繋がっていると考えると凄いことですよね!

「麒麟がくる」では主人公の明智光秀については詳しく語られるでしょうが織田信長については深くは語られないと思います。

なので、是非とも「麒麟がくる」で織田信長にも目を向けて見るのも面白いかもしれませんよ!

スポンサーリンク