佐々木希の映画情報!天使の恋の考察も!

ファッションモデルやタレント以外にも女優として活躍中の佐々木希ちゃん。今回は彼女の今までの出演映画と、その中でもとくに大好きな映画天使の恋について感想や考察をまとめてみました!最初に言っておきますが、「天使の恋」とても感動しましたし、佐々木希ちゃんファンなら絶対オススメの映画です☆

スポンサーリンク



佐々木希の出演した主な映画

ではまずは、希ちゃんの今までの映画出演を順に紹介していきます!結構良い役をもらえていて、ハズレ映画はないかと思っています。どの映画作品も彼女の魅力を最大限に引き出してくれているので、簡単なあらすじと感想をご紹介させていただきます♪

2008年公開:ハンサム★スーツ – モデル玲美 役

gjmhfd

この映画が希ちゃんにとって初めての作品でしたね☆スクリーンに映る希ちゃんを見たときはうれしかったー!鈴木おさむさん監督の映画で、ジャンルはファンタジーコメディ映画です。あらすじは、着るだけでハンサムになれるスーツを手に入れたぶさいくな男(ドランクドラゴン塚地武雅)が、着ると超イケメンモデル(谷原章介)に変身して、ドタバタ騒動を繰り広げるコメディ要素たっぷりの映画でした。希ちゃんの役どころは人気モデルの役でした。気絶するところ爆笑しました!w本業と同じですね(`・ω・´)

2009年公開:天使の恋 – 主演・女子高生小澤理央 役

treg

この「天使の恋」が映画初主演でした。ケータイ小説を原作とした映画です。映画の宣伝ポスターを見たときは衝撃的でした!女子高生の佐々木希ちゃん可愛いすぎる!なんて美しいんでしょう。本当に天使の恋というタイトルにピッタリなくらい天使ですね(*ノωノ)この映画天使の恋についてはのちほど詳しく語りたいので特集してます☆

2012年公開:アフロ田中 – ヒロイン加藤亜矢 役

jhjtgtr

大きなアフロの主人公のヒロイン役で映画出演しました。この映画も見たのですがとっても面白かったですwアフロ姿の主役、松田翔太さんがおもいっきり突き抜けたお馬鹿ちゃんで見ていてほんわかするコメディ映画です。もちろんヒロイン役の希ちゃんも天使のように可愛いかった♪遊園地のシーンが一番好きです!「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載されている「アフロ田中シリーズ」が実写化されるとなり、映画版は、「上京アフロ田中」を原作にしているそうです。原作を忠実に再現してるとはいえ、アフロが大きすぎて一度見たら忘れられない作品です!

2014年公開:呪怨-終わりの始まり-・呪怨-ザ・ファイナル- 主演・生野結衣 役

申し訳ないです、私ホラー映画が苦手なので見ていません。しかし、久しぶりの主演なのでファンからするととても期待された作品でしたね!佐々木希ちゃんの演技も最初に比べると良くなっていると評判でした。彼女の独自性あふれる演技で、呪怨シリーズのなかでも1、2位を争うすばらしい作品になったそうです。

スポンサーリンク



天使の恋の考察・感想

「天使の恋」見ました。泣きました。感動です。ここからはネタバレになりますのでもし映画「天使の恋」を見ていない方がいらっしゃったら気をつけてください。ネタバレ満載でございます。

天使の恋あらすじ

treg

簡単なあらすじ・・・ストーリーは、過去に色々あって、結果お金だけを信じていて、お金のためなら自分の心さえも捨てられると思っているカリスマ性小悪魔的女子高生の主人公が、口下手で冴えない大学の講師と運命的な出会いをし、恋をして考え方が変わっていき、女性としての優しさや愛情に目覚めるという甘ずっぱいラブストーリーです。

天使の恋主要キャスト

天使の恋キャスト①小澤理央役:佐々木希

17歳の女子高生の理央。自分の体や人の心など、利用できるものは全部利用してお金を集めることで、過去に起こった寂しさを埋める女の子。そうやってすごしていたが、運命的な出会いがあり変化します。無口で無愛想な大学教授初恋をします。理央は自分の持っている美貌、大胆な性格などすべてを出して自分をアピールしたり、勉強も嫌いなのに頑張る女の子になりますがうまくいかず・・・

天使の恋キャスト②小澤光輝役:谷原章介

35歳の歴史学者で大学教授の光輝。無口で地味、髪型や服装も地味な感じ。恋をするどころか、人を拒絶している。それには理由があった。病院の医師から、脳の病気で、手術をしないと余命が少ない事を告げられているのであった。そのため理央にひかれつつも距離を取るスタンスを崩さないでいたが・・・

天使の恋の感想

19325

私が特に好きなところは、病室で、主人公(谷原章介)がヒロイン(佐々木希)に今まで言えなかった本当の思いを伝えるシーンです。ずっとヒロインを避けてきた主人公が、それまでの態度から一変して、隠していた気持ちをはき出す、というもっとも大きな感動を呼ぶシーン。シーンのひとつひとつが美しすぎるし、人間が成長する瞬間を目の当たりにして感動して泣きました。こんな恋愛をしてみたいと思うくらいです。

天使の恋に出演している谷原章介さん、佐々木希ちゃんは共にモデル出身であり、スタイル抜群なので並んでいる姿が絵になります。希ちゃんのベッドから起きたときの後ろから映したシーン、高級ブランドを着飾って歩いているシーン、もちろん制服姿含め、本当に綺麗な佐々木希ちゃんを見れる映画だなと感じました。

今回の天使の恋の映画、ただ綺麗だという事でまとめることができません。テーマはもっと重く、いまどきの女子高生の堕胎問題、援助交際、いじめ、自殺問題だったり、ここまでの「完璧な不良役」をイメージのいい佐々木希ちゃんがよく引き受けてくれたものだと感心しますね。

あと、年上の男性に憧れる女子高生の想いが、繊細にえがかれていて、初めて、本気で人を好きになった時の一途な気持ちとか、恋をしたからこその、援交をしていたことの後悔とか、年上の男性をわがままに振り回したくなる気持ちとか、ここらへんの描写はリアルだったのでドキドキしながら見てました!!!

天使の恋、劇中の音楽について

ujtyhrtreggwef

天使の恋の映画の中で、多くの場面で綺麗な音楽が流れています。見終わった後気がついたのですが、このバックミュージックが佐々木希ちゃんの切ない感情や熱い気持ちを表現していて、見ている側が盛り上がってくるのに一役買っていたと感じます。天使の恋における音楽の効果は絶大だと思いました。主題歌は伊藤由奈の「Let it Go」だったそうです☆

この映画天使の恋、最初はありがちなストーリーに感じました。病院のシーンや不治の病がでてきたり、シリアスな部分も多かったので・・・不治の病で記憶がなくなっていくような話も、似たような映画や作品多いと思います。ですがセリフで語るよりも音楽によって語られることにより綺麗な純愛作品にまとまったんだなと感じました。

天使の恋での演技について

天使の恋について、佐々木希ちゃんは映画撮影の際、演技の面でかなり苦戦していたようです。こんなインタビュー記事もありました。(理央は主人公です)。

佐々木:最初に台本を読んだときは、ちょっと過激なストーリーだなと思いました。でも、わたしも理央のような気持ちを経験したことがあったので……。

佐々木:理央は過去にショックな出来事があって、そのためにどん底まで落ちてしまうんですけど、光輝と出会ってどんどん前向きになっていく。本当は純粋で素直な女の子なんですよね。光輝に恋をして、真っすぐにアプローチするところがすごく魅力的だなと思いました。

まとめ

いままでファッションモデルで綺麗なイメージで売り出していたのに「天使の恋」でいきなり援助交際やいじめ、不良の女の子の役を演じるとなると葛藤もあったかと思います。ただ、女優としてはまだまだ新米さんながらもあれだけ感動できる演技をみせてくれました。かなり頑張ったのではないでしょうか。女子高生役ということもあって演技のういういしさが逆に素人っぽくて良かったと思いました(・´ω`・)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ