あなたは『金持ち父さん貧乏父さん』という本をご存じですか?

ロバート・キヨサキが書いた『金持ち父さん 貧乏父さん』は、世界中で売れているお金に関する本です。

お金持ちになるための基本的な考えについて、詳しく書かれており、お金の使い方がわかる一冊です。

この記事では、そんな本作で指摘されている重要なポイントを、簡単にわかりやすく解説していきます。

ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク



『金持ち父さん 貧乏父さん』内容を簡単に紹介!

『金持ち父さん 貧乏父さん』怪しそうなイメージ?

この『金持ち父さん貧乏父さん』と出会ったのは経営者を目指している友人からの勧めでした。

お金について考え直している今、どんな情報も欲しいと思い手に取ってみようと思いました。

ロバートキヨサキは、

「人々がお金で苦しむ最大の理由は、学校に何年通ってもお金について全く学んでいないからだ。人々は結局、お金のために働くことを学ぶ…だが、お金を自分のために働かせる方法を学ぶことは決してない」

と訴えています。

貧乏な人は、お金の為に自分の時間を使い貴重な時間の対価を考えていないのです。

お金持ちの人は、お金を自分の為に回し働かせることができます。

そして両者は思考回路も、違います。

欲しいものをどうすれば買えるのだろうか?と自分自身に問いかけ頭を使って考えています。

何か欲するものがあったとき、お金がない。だから買えない。と決めつけず、どうしたらいいのだろう?と考えると、頭が活性化されお金を稼ぐ力をつける事ができるのです。

スポンサーリンク



『金持ち父さん 貧乏父さん』から学べることはあった!

経営者になり自分で稼ごう!お金を増やそう!という女性には是非呼んでもらいたい本です。