サマーウォーズ 未来のミライ

細田守監督作『サマーウォーズ』と『未来のミライ』が、日本テレビ系の『金曜ロードSHOW!』にて2週連続で放送されることが決定した。

7月12日放送の『サマーウォーズ』は、細田監督初のオリジナル作品として2009年に公開。公開10周年を記念して初の本編ノーカットで放送される。

本作は、ちょっと気弱な男子高校生が、憧れの先輩とその大家族とともに、“愛”と“絆”を武器に世界の危機に立ち向かう壮大な感動物語で、2017年の放送では「#サマーウォーズ」が Twitter世界トレンドワード1位を記録した。

 

7月19日放送の細田監督最新作『未来のミライ』は、本編ノーカットで地上波初放送。

第91回アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネートをはじめ、第71回カンヌ国際映画祭監督週間に選出、第76回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞ノミネート、第46回アニー賞長編インディペンデント作品賞を受賞した。

4歳の甘えん坊の男の子・くんちゃんが、未来からやってきた妹のミライちゃんに導かれ、時をこえた“家族の物語”へと旅立つさまと、小さな子どもの目線を通し、その家族の日常を描きながら、繰り返し続いてきた家族の歴史、大きな時間の流れ、生命の循環といった、巨大なテーマにたどり着いた。

サマーウォーズ 未来のミライ

放送中、データ放送では2週にわたって作品にまつわるマル秘情報や裏話などを紹介する「シーンガイド」企画とともに、特別企画を実施。7月12日放送の『サマーウォーズ』では、ストーリーとともに画面にアバターが次々と現れる「集めよう!アバターみんなでこいこいっ!」、19日の『未来のミライ』では、不思議な世界を行き来するくんちゃんとともに様々な世界が現れる「旅立とう!くんちゃんとめぐる世界」が実施され、楽しみながらポイントを貯めることができる。

ポイントを貯めると「細田守監督直筆サイン入り色紙」をはじめ、サマーウォーズ10周年記念グッズなど豪華プレゼントが当たるチャンスもある。

詳細は『金曜ロードSHOW!』公式サイト「金曜ロードシネマクラブ」で後日発表される予定だ。

また、2017年に『サマーウォーズ』を放送した際の連動企画「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!ボタン」を今年も開設。

スマートフォンでクライマックスシーンのセリフ「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!」の追体験やストーリーに合わせてサイトが変化し、主人公・健二に届いた暗号を一緒に解いたり、ヒロイン・夏希と一緒に花札「こいこい」などができるなど、テレビで映画を見ながら、ストーリーと連動してスマートフォンをセカンドスクリーンとして楽しめる企画となっている。

前回の放送時には開設から9日間で「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!ボタン」が 1億回以上押されるなど大きな盛り上がりをみせた。

スタジオ地図では、10周年プロジェクトのテーマを<スタジオ地図 2019 in Summer 『サマーウォーズ』《UPDATE》>と題し、アニバーサリーイヤーを記念した様々なプロジェクトを用意。

OZアバターデザインを担当した岡崎能士氏描き下ろしによる『サマーウォーズ』10周年ビジュアルも公開されている。

7月6日からは『サマーウォーズ』の舞台のモデルとなった、長野県にある上田市立美術館サントミューゼにて、<『サマーウォーズ』10周年記念 未来のミライ展~時を越える細田守の世界】>も開催される。

なお、『金曜ロードSHOW!』では、2018年7月20日からスタジオ地図が手がけたオープニングを放送しており、オープニングにも登場する番組キャラクター“アンク”は、細田監督が手がけた。

細田監督からは、コメントが寄せられている。

細田守監督
『サマーウォーズ』は、公開から10年が経ちましたが、この夏もまた皆さんに見ていただけることになりました。今回は初の本編ノーカットということで、大変嬉しく思っています。改めて皆さんにたっぷりと楽しんでいただければと思います。
『未来のミライ』は世界中の皆さんに見ていただき、米国アカデミー賞にもノミネートされました。この作品の持つある種の“根源的なもの”というのは、世界中の皆さんにも感じてもらえたのだと思います。是非、皆さまでゆったりと楽しんでいただければと思います。

 

スポンサーリンク