キムタク(木村拓哉)の令和初収録となるドラマが進行している。フジテレビ開局60周年特別企画「教場」(2020年新春・2夜連続放送)である。

続けて、10月から放送予定のTBS日曜劇場(タイトル未定)の収録も始まる。

「V6」の岡田准一(38)の俳優としての評価がうなぎ上りだ。

いま映画にキャスティングしたい30代、40代の役者で真っ先に名があがるのは彼。特に『時代劇』での身のこなしは他に抜きん出ている。宮﨑あおいとの間に昨年男児も生まれ、落ち着いたイメージもプラス材料です。

平成の世でもっとも人気のあった俳優は、令和の御代でどうなるか――。

スポンサーリンク



岡田准一とキムタク共演だがどちらが主演?

テレビ朝日の開局60周年記念ドラマは、ジャニーズの後輩・岡田准一(38)が財前五郎を演じた「白い巨塔」(5月22日~26日)だった。

思えば、先輩の東山紀之(52)主演の「砂の器」(フジ・3月28日放送)でも、フジテレビ開局60周年を謳っていたはずだが……。

岡田准一演技が高評価の理由?ドラマ「教場」共演でキムタクは正念場、失敗したら世代交代が進む?

「テレ朝の開局が59年2月1日、フジはひと月後の3月1日で、同じ開局60周年なんです。確かにヒガシの『砂の器』も60周年企画でした。それが3月に放送されていることを考えると、キムタクの『教場』が年明けの放送というのは、ちょっと間が空きすぎのような感じがします。2月までは60周年と考えているんでしょう。むしろ、フジとしては60周年の大トリとしてキムタクを起用したということなのかもしれません」

さすがキムタクは、平成の時代に最も売れた俳優である。

ドラマ「教場」キャスティングが未定

すでに撮影に入っていますが、未だにフジはキャストを発表していません。聞くところでは、共演者が弱いとか。『HERO』(フジ)で共演した小日向文世(65)や光石研(57)はともかく、工藤阿須加(27)、川口春奈(24)葵わかな(20)、三浦翔平(31)、大島優子(30)などだそうです。もっとも、キムタクは警察学校の教官役ですから、生徒が若くなるのは仕方ありませんが……

スポンサーリンク



岡田准一の演技の評価が高い理由

「V6」の岡田准一(38)の俳優としての評価がうなぎ上りだ。

いま映画にキャスティングしたい30代、40代の役者で真っ先に名があがるのは彼。特に『時代劇』での身のこなしは他に抜きん出ている。宮﨑あおいとの間に昨年男児も生まれ、落ち着いたイメージもプラス材料です。

岡田准一演技が高評価の理由?ドラマ「教場」共演でキムタクは正念場、失敗したら世代交代が進む?

5月22日から5夜連続で放送された岡田主演の「白い巨塔」(テレビ朝日)。開局60周年を記念して企画された山崎豊子原作の同作は、昭和には田宮二郎、平成には唐沢寿明がフジテレビの連続ドラマ枠で主役の外科医・財前五郎を演じ、高視聴率を得た。

「大学病院を舞台に、なりふり構わず教授の座を目指す“脂ぎった財前”を岡田が演じた“令和版”も5回とも2ケタ。背の低さを懸念する声もあったが、最終回は15.2%という視聴率で有終の美を飾りました」(テレ朝関係者)

「燃えよ剣」では振付・指導と役者の二刀流

岡田准一演技が高評価の理由?ドラマ「教場」共演でキムタクは正念場、失敗したら世代交代が進む?

近年は映画出演が多く、来年公開予定なのが「燃えよ剣」だ。新選組が活躍する幕末を描いた司馬遼太郎の原作本はベストセラーに。映画化は、実に54年ぶりだという。

岡田は主役の土方歳三役で、準主役の沖田総司は「Hey! Say! JUMP」の山田涼介(26)が演じる。ほかにも柴咲コウや鈴木亮平など、大河の主演を張るメンツがズラリ。やはり司馬遼太郎原作で、日本アカデミー賞各賞を総なめにした映画「関ヶ原」(17年公開)でもタッグを組んだ原田真人が監督を務めている。

今年2月から4月まで、京都や滋賀、岡山などで撮影を行っていた。『池田屋事件』の舞台となった旅館もオープンセットで再現するなど力が入っています。

さらに異例なことに、土方が絡む“立ち回り”部分はすべて岡田さんが振付と指導をしていて、役者との二刀流なんです。

実は、岡田は自称するほどの「格闘技オタク」。いまや3種の格闘技の“師範”でもある。

07年に放送が始まったドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ)に出演が内定した後、『スタントマンなしでアクションシーンを演じたい』と、1年かけて格闘技のジムに通いだし、すっかりその魅力にハマった。映画やスペシャルドラマにもなった『SP』のために、その後も鍛え続けていたんです。

結果、現在はブルース・リーが創始者で、路上で戦う実戦格闘術の「ジークンドー」、フィリピン武術でハリウッドのアクション映画で主流となっている「カリ」、そして元タイガーマスクの佐山聡が作った「USA修斗」のインストラクターの資格まで持つという。

国内でももちろん、時間ができると渡米して、現地の師匠の指導を受けていた。地道に10年以上もかけて努力したホンモノです。鍛えすぎて背中の筋肉は隆々になり、すっかりジャニーズアイドルのスタイルではなくなった。

「V6」より俳優業と格闘技を優先し、鍛えに鍛えた肉体は、剣捌(さば)きにプラスに働いているようだ。

時代モノのスタッフからは、『キムタクより岡田君のほうが何倍も上手い』と言われています。

スポンサーリンク